黒松駅前歯科クリニック(歯科・小児歯科)仙台市泉区黒松

黒松駅前歯科クリニック
022-275-6480(ムシバゼロ)
ホーム > ブリッジと部分入れ歯

黒松歯科ブリッジと部分入れ歯

ブリッジと部分入れ歯について

歯が抜けたあと放っておくと・・・
抜けた歯をそのまま放っておくと、両隣の歯があいている空間に傾いたりします。また、今まで抜けた歯の部分にかみ合っていた歯にも影響し、歯並びが悪くなっていきます。そうなると歯ぐきに負担がかかり、むし歯や歯周病にもなりやすく、残った歯まで失うことになります。その治療法としては主にブリッジと部分入れ歯による方法があります。
ブリッジとは

ブリッジは歯が抜けてしまった(または抜いた)場合、抜けた歯の両隣に歯が残っているときに適用されます。
まず、抜けた歯の両隣の歯を削ります(支台歯)。ここにクラウンと呼ばれるものをかぶせます。
こうすることで、抜けた歯の土台ができます(支台歯形成)。
次に歯型をとり、歯型に合うようにブリッジ(クラウンとクラウンの間に人工歯を連続して固定)をつくります。あとはブリッジを口の中に装着し、かみ合わせの調整を行い固定します。
ブリッジは使用上特に違和感もなく、材料によっては入れ歯であることがほとんどわかりません。しかし人工歯の部分の負担は支台歯にかかり、歯ぐきを痛めます。ですから、抜けた歯が多い場合はブリッジができない場合もあります。また、支台歯はむし歯や歯周病の原因になりやすいので、よくブラッシングすることが大切です。

臼歯(奥歯)のブリッジ
臼歯(奥歯)のブリッジ
前歯のブリッジ
前歯のブリッジ
部分入れ歯とは

局部床義歯とは歯肉にぴったりと合った床というものに人工歯を取り付け、クラスプとよばれるバネを使ってほかの歯に固定させる方法です。
取り外しが可能で失った歯が多い場合にも適用されます。ものをかんだときの負担は床を通じて歯ぐきに直接かかります。床は薄い金属か、レジン(樹脂)でつくられます。
部分入れ歯の長所は、残っている歯をほとんど削らないということです。
また、短所としては、
(1)バネ(スクラブ)のみの固定なので安定感がないこと
(2)床(歯肉に直接ふれている部分)に慣れるまで違和感が強い
(3)バネをかけた歯の清掃が悪いと、むし歯や歯周病になりやすい、などがあります。

臼歯(奥歯)の部分入れ歯
臼歯(奥歯)の部分入れ歯
前歯の部分入れ歯
前歯の部分入れ歯

歯とお口の情報

  • 虫歯について
  • 虫歯の進行
  • 歯周病とは
  • 親知らず
  • 顎関節症
  • ブリッジと部分入れ歯
  • 妊娠期のお母さんの歯
  • お子様の歯に関する情報
  • 保険がきく?きかない?
お問い合わせ
診療日カレンダー

診療日休診午後休診

黒松駅前歯科クリニック
黒松駅前歯科クリニック
〒981-8004 宮城県仙台市泉区旭丘堤2-21-1 リーベンス黒松A201
TEL 022-275-6480
E-MAIL

©黒松駅前歯科クリニック

pagetop